2018/09/03(月)タイ旅行

おめざめ

0730 着替えてご飯食べておでかけ。

市街地散策

今日は市街地を散策します。日本人街の日本人向けスーパーを覗いてみたり、その近くにある欧米向けスーパーを覗いて見たり。うん、在庫だったり商品の売り方だったりに特徴が出るなぁ。

MBKセンター

なんでも去年リニューアルしたんだとかで結構綺麗。ほんとなんでも売ってるなぁって印象。

4Fはモバイル関連

エリア的にはモバイルマニアと呼ぶらしいです。小さな携帯電話ショップが軒を連ねています。まぁでもどの店も結局売れ筋ばかり並べていて、おおっ?!と思わせてくれるラインナップのお店が無いね。ちょいちょい気になる端末とかもあったけれど、結局技適問題もあるので使えないしね。しょんぼりしちゃう。

3<2<1

ショップの品位なんかはどうも地面に近いほうが高そう。きっと場所代も同じく地面に近いほうが高いのか、同じような商品でも階によって価格が変わる。ブランドや自信を持っている下層の店舗はそんなにグイグイ営業してこないが上の階の店員さんはぐいぐいくる。

しかしオーダーメイドスーツが上下で8000円から作れるのはちょっと魅力だ。今は全然スーツ着ないお仕事だからどーでもいいけど、スーツにこだわる職種の人だったら旅行のついでに買って帰るのもありかも。

晩ごはん

宿の近くにあるローカルなレストラン。ちょっと量を頼みすぎてしまったが、とても美味しいタイ料理を食べれてよかった。2人で瓶ビール1本頼んで食事して600バーツ位なので日本円で2400円くらい?お安い。この辺にしては高いのかも知れないけれど。

2018/09/02(日)タイ旅行

おめざめ

0600には起きようなんて話もあったが結局0700頃お目覚め。シャワってバイキング形式の朝食。おかゆをメインにタイっぽいフードをチョイスしてワンプレートに。うまかった。さすが食事を売りにしているホテルだ。(夜はちょっと高くて手が出ない)

メークローン市場

電車

ホテルからまずは電車で乗り合いバスの最寄り駅へ

タクシー

最寄り駅からバス乗り場まで歩けないことも無いけれど歩くと20分くらいかかっちゃいそうなのでタクシーで。タクシーには普通のタクシーとメーターがついているメータータクシーとあるらしい。メータータクシーは日本と同様でカウントされていきその金額を支払う。普通のタクシーは行き先を告げた時にタクシーの運転者さんと金額を折衝する必要がある。ちょっとめんどい。

でも折衝で安くなる事もあるので、時間がある時や距離が長いときなんかはメータータクシーよりも普通のタクシーの方が良いのではないかと思う。

乗り合いバス

乗り合いバスで市場へ。乗り合いバスのチケット売り場では簡単な英語でまぁなんとかチケットは買えるみたい。今回は乗り合いバスでの生き方をブログに綴っている方のノウハウをそのまま活用させていただく感じで難なくチケット購入。バスはハイエースで15人位が乗っていく感じ。結構フリーダムで運転中もLINEの通知は止まらないししまいにはスマホを持って通話始めちゃうし自由な運転手さんだった。

想像していた以上に遠くてちょっとびっくりしたけれど、途中トイレ休憩などもはさみながら無事到着。

ポケットティッシュ

ちなみにタイのトイレには紙が無いので、ポケットティッシュなどを持っておかないと大変です。

市場見学

終点駅のメークローン、終着駅近くにある踏切が入り口になる感じで、線路ギリギリまで商品が並び市場になる。線路が市場の通路になっている感じ。ガイドブックなどでも有名な市場なのでご存知かと思う。列車が来るとテントをたたみ、商品を移動させて電車を通す。その光景が珍しくてすっかり観光地化している。市場をスレスレで通る列車。TVなどで何度か見ていたが実際見に行くとまた違った感覚。列車の近接案内に日本語でも説明される事は初めて知ったし、その日本語もとても丁寧で面白かった。

列車

市場見学の際に通った列車、折り返して市内の方にまた向かいます。その列車に乗ることにしました。

駅で切符を買って乗り込むとほぼ満席。なんとかボックス席に相席させて貰い無事座れました。座れてない方もちらほらいましたが、そんな時にワンポイント。座れなかったら団体旅行者さんを探してその近くに陣取りましょう。団体旅行者さんは終点まで乗ることは無く、数駅車窓を楽しんだ後、その駅に待機していたツアーバスで市内に帰ります。ツアー内容としてきっと市場見学とその列車に乗ってみようってのが入っている感じなのでしょう、数駅楽しんだら居なくなります。そこを狙って座席をゲットしましょう。

今回私達は先人の知恵通り終点駅まで列車にのり、終点駅で少し歩いて渡し船に乗ります。

渡し船

終着駅バーンレム駅から少し歩くと渡し船乗り場があります。ピストン輸送してますので目の前で船が動き出してもまぁ次を待てば良いかも。動き出した船に全然飛び乗れそうだったので、えいやと飛び乗ったものの、奥様は飛び乗れず結局次の船で来ました。ひどい旦那様です。ついつい楽しくなってマリオよろしく飛び乗りたくなりますけれど、きっと喧嘩の原因とかになるので気をつけましょう。

もう一本列車

もう1本列車に乗ります。渡し船で渡った先はマハーチャイの港。港町でとてもお安くシーフードが買えるとあって現地の方に人気みたいです。でもレストランは少ないみたいで団体さんだったら港すぐ脇の青い建物のレストランとかいいのかも。2人だとちょっと食べきれなかったらどうしよう、って言う不安もあって入れませんでした。

列車はマハーチャイ始発になりますが、そこからまたまた終点まで乗ります。運賃は10バーツ。注意点は1つ、エアコンが効いてる快適な車両がたまーにあるみたいです。エアコンが効いている車両は運賃の他に15バーツかかります。日本で言う快速列車のグリーン車みたいなもんでしょう。まぁ1時間くらい乗るのでエアコン車両乗っちゃってもいいと思います。本数も少なく必ず乗れる車両でもないのでレア引いた!位の気持ちで。シートも普通車は硬い座席ですがこちらはふかふかのシートでリクライニングまでします。

お支払いは検札の時に車掌さんに15バーツ支払う方式です。

昼ごはん

ウォンウィアンヤイ駅のホームにあるパッタイ屋さんでパッタイ食べました。とても美味しかった。

路線バス

先程乗り合いバスに乗りましたが今度は路線バスです。これがとても難易度が高い。何番のバスに乗るべきかはgoogle mapが教えてくれますが、どうやってお支払いしたら良いのかは謎です。

バスに乗ると車掌さんが居て料金を徴収しに来ます。その際に降りたいバス停を伝える必要があります。そのバス停までの距離別運賃を支払うためです。ほら、ハードル高いでしょう?

停留所名は英語表記のものでも伝わるので英語で伝えるか、最悪スマホで降りたい駅を見せちゃいましょう。

降りたい停留所が近づいたら席を立って出口近くで降りたそうにしてれば停留所に止まってくれます。一応停車ボタンもありますので不安な方は押してもいいかも。

Wat Pho

金色のとてもとても大きな大仏さんがごろ寝姿になっている、と言うこちらもとても有名な観光地ですね。めっちゃでかくてびっくりしました。他にもいくつか見どころはありますのでのんびり回るといいかも知れません。

色々な移動手段

今日はとても色々な移動手段を楽しんだ日になりました。

晩ごはん

ホテルからちょっと歩いた所にあるローカルフードのお店でカオマンガイを食べました。行列が出来ていて諦めかけたのですがせっかくだしと並んでみたら、回転率はいいようであれよあれよと席についてました。

2018/09/01(土)タイ旅行

おめざめ

0700 シャワっておでかけ。

タイへ大移動

成田空港からスワンナプーム国際空港へ。成田空港は久々の2タミ。3タミと違って近くていいなぁ、なんて思っていたが搭乗口が2タミの端っこ。うへー、遠いわー。しかしターミナルにいながら端っこともなると店舗もなくとても静か。出発前のひとときを静かに過ごせてよかった。

機内食

JALのとても美味しい機内食で大満足。おやつのカロリーも400kcalくらいあってドキドキしながら食べた。うん、美味しい。

イミグレ

なかなか長蛇の列。およそ30分かかった。調べによるとイミグレが2箇所にあり、もう1つの方に行くととても空いていたようだ。しかしもう1つの方に行っていたら預け荷物は受け取れたのだろうか、とか色々総合的に考えると時間こそかかったが、まあ仕方ないものなのかも。

市内へ

タクシーやバスが多いそうなのだけれど今回は電車で。渋滞に巻き込まれない乗り物なのでちょっとお値段お高めなのだが、それでも結構混んでいた。

晩ごはん

滞在先は伊勢丹の近く。宿について一息して隣のスーパーを散策。するとフードコートがあったのでそこで晩ごはん。味は悪くないけど盛り付けとか一切なしのダイナミックな感じ。

伊勢丹

ほんと伊勢丹だった。この中だけ日本のデパートに居る感覚。エスカレータ上がって目の前に見えてくるのがとんかつ和幸だったりした時にはほんと、あぁここ日本だわ、とか思った。中にはスーパーもあるが当然お高め。例えば6pチーズで日本国内だと170円から高くても200円ちょっとだと思うけれど200バーツ、日本円にして800円位しちゃう。

OK キャンセル 確認 その他