2019/01/14(月)2019高知ツーリング

おめざめ

0540流石に早すぎと言うことで2度寝、0700起床。朝ごはん食べる。

帰路

ご飯食べてお茶飲んでまったりして出発。0800

ルートに悩む

室戸ルートも考えたけれど行きより遅く出発するのに距離が長くなってしまうので日が暮れてしまう。来た道を戻るなら日没前には帰れるか。高速代ちょっとかかるけど時間をお金で買うと思って上で帰っちゃおう、と言う事で高速で。

時間短縮

さすが高速、往路よりも2時間ほど短縮。水が使えないので完璧じゃないけれど帰ってきてからバイクも洗ってあげられたし、あとはオイル交換だな。これまでだったらバイク屋に持ち込んでやってたけどそうも行かないのでオイル買ってきて交換しなきゃ。

燃料表示

メーターに燃料表示があって燃料警告灯のかわりに最後のメモリが点滅するのだけれど、点滅した時の残量目安がわからなかったので、帰りに高速を途中で怖くなって降りちゃいました。燃料タンクと燃費の計算では間に合う筈なのだけれど点滅した時にまだ次のSAまで20kmあったので。

メモリは1.6L

マニュアルに書いてました。走り方にも寄るのであと何kmとは一概に言えませんが、45km位はまぁ走ってくれそうです。えいや、と行ってしまえば行けたって事ですね。

あと帰って来て調べるんじゃなくて手前のPAで一旦停止して調べてれば良かったのかも。まぁお陰でステキなGSのおじさまと会話出来たし良しとしよう。

まったり

なんだかんだ運転って疲れるので帰ってきてまったり。この余裕を作れたのが何より。

2019/01/13(日)2019高知ツーリング

おめざめ

0400に目覚ましかけたのだけれど結局起きたのは0530まぁ優秀か。

1泊2日高知ツーリング

出発

準備して0630頃出発。ウェア類を今どきの装備にしたためか、とっても暖かい。正確には寒くない。暖かくはない。ふむ、これは正解だったな。

グリップヒーター

途中でグリップヒーター装備してた事を思い出す。せっかくだから使ってみようとヒーターをオン。これは!素晴らしいものですね。バイクは指先で操作する事が多いですが、寒いとカッチカチになりますがそれがだいぶ和らげられて操作しやすいかも。

淡路島

淡路島区間を高速に乗ると+1k円。まぁそれくらいならと言う気もするがまったり下で行こうと下道ルートで。ふむ、なんだか宗谷丘陵みたいな所があったりと北海道感が少しあった。実際は全然ちがうけれども、街以外は信号が無いに等しくとても走りやすかった。ええなぁ。

鳴門大橋

この先バイク転倒注意 って看板があって何かと思ったら海の上に出た瞬間に突風みたいな風が。そりゃそうだよね、海流でうずしおが出来るくらいなんだから風だって強いはず。

鳴門から高知まで下道

えんえんと下道を行きますが、淡路島同様信号がとても少ないので快適。前後の車に合わせて流していく。

ガソリンピンチ

残り30kmと言う所で警告が。リザーブ1Lとして30kmは...ギリだなギリ、と言う事で超燃費走行へ。前後の車にはちょっと迷惑かけてしまった、ごめんなさい。

高知市街散策

今日は成人式だそうで、艶やかな方がちらほら。それと同時に荒々しい男子諸君も多数。うーむ、高知凄い。エネルギーある。

DSC_0643.JPG

晩ごはん

有名店に入ろうとしたが既に人でいっぱい。と言う事で嗅覚に任せて飲み屋街を散策。びびっ!と来た炉端焼きやさんに突入。とても良いお店であった。

DSC_0650.JPG
DSC_0652.JPG

ユースホステル

今日は高知のユースホステル泊。お客様は3組のみ。あれ?4組って聞いてたんだけどな、蓋を開けたら3組でカップルさん1組とオッサン2組。それぞれ別室なので一応ドミトリーだけど個室。ぃぇぃ。

掃除も行き届いているしキレイだしまた遊びに来たい。バイクで来なくとも電車でも来れる宿だし、レンタカーでもいいし。気に入った炉端焼きさんにもまた行きたいし。

日記補完

食堂でお茶したりしつつ交流を深めたりする事も宿によってはあるのだけれど、今日集った人々はシャイな様だ。食堂で日記補完しつつお茶してたが誰からも声かけられる事もなく。残念。まぁそんな日もあるよね。ボクも面倒だと思う時もあるし。

2018/09/08(土)タイ旅行

おめざめ

0445 することも無いのでまったり。

羽田到着

早朝の羽田到着便、イミグレーションもガラガラだしモノレールもガラガラだし、結構快適かも。

ごきたく

のんびり移動してごきたく。コンビニで朝御飯買ってきて食べて少し昼寝(昼?朝?

旅終了

無事ご帰宅したのでこれにて夏休み旅行終了。

BlackBerryKEY2

国内版がついに発売されたので購入。輸入でも困らないけれどやっぱちゃんと技適付いてる端末がいいものね。あまりに海外版と価格差があったら悩んじゃうけど、そんなでも無かったのでお買い上げ。

まったり

ややぐったりも混ざるものの旅疲れを癒します。

2018/09/07(金)タイ旅行

おめざめ

0800 ご飯食べてまったり。撤収準備せねば。

撤収

小一時間まどろんで撤収。帰りも循環バスで空港へ戻る。荷物が多い外国人は空港に戻る人なのでそこそこいいお金になるお客!と言う事で100m歩く間に7人くらいにタクシー!?と呼び止められる。バスを待つ間も10台くらい。商魂たくましい。

空港で暇

空港に着いたら荷物預けて隣のショッピングモールに行こうと思うも、無料送迎バスが少なく断念。キャッシュが残り少なくてのう。

# PG226 てっきりスワンナプーム国際空港まではドメスティックで移動かと思いきや、チェンマイ国際空港で出国手続きを完了。まぁ結局その後ドメスティックな皆さまと同じ飛行機に乗ります。出航5分前にようやく飛行機への案内が始まる。のんびりしすぎだろ、定刻より少し遅れて出航

席に誰かいる

ラー油の国の方と思われる方がボクのシートナンバーに座ってる。隣に奥さまとお子様が居るっぽいのでまぁ譲ってあげたが、ありがとうの一言もなし。流石だ。

交渉

後方の座席で1列空いてる列があったのでキャビンクルーに移動したいと交渉、離陸後無事奥様と並びの席を確保。

フリーダム

席をお譲りしたラー油の国の方と思われる旦那さん、水平飛行に移るやいなや後方に空いてる席にそそくさと移動してスマホで遊んでる。何の為に譲ったんだか、ほんとフリーダム過ぎる国民性だ。

トランジット

バンコク国内線から国際線へのトランジット、 出国手続きはチェンマイ国際空港で済ませているので再度セキュリティのみ通って国際線ターミナルへ。

今回しくって座席指定し忘れ、4列シートの真ん中2席を確保。出来ればどちらかでも通路に接していればトイレとか行きやすいよねぇ、という事でダメ元でJALのカウンターへ。カウンターどこやねん。

探しに探してGエリアの入り口近く、サクララウンジのほど近くに航空会社各社のカウンターが並んでいるこじんまりした一角を発見。これは気づかないわ~

結局席は変えられず、東京までトイレ我慢だなぁ

東京へ

ほぼ満席の777-200で東京へ。金曜日深夜なのに満席凄いな。タイの方の弾丸ツアーには最適なフライトなのかも知れないが。

機内食

フライト直後に機内食。バンコク時間で23時、日本時間で翌01時とかですけど…

ワインを頼んでかっくらって寝る作戦。

仮眠

うーん、眠れたような眠れてないような。

2018/09/06(木)タイ旅行

おめざめ

0730 ご飯食べておでかけ。

ワット プラ・タート・ドイ・ステープ・ラチャ・ウェラウィハーン

長い……

今日はのんびりチェンマイで1番有名な山の上にあるお寺を散策します。流石に歩いては行けないので乗り合いタクシーで。

チェンマイ動物園

調べによるとチェンマイ動物園前からが1番変なタクシーに捕まらなくていいよ、との事でしたので路線バスに乗ってまずは動物園まで。

確かにその通りなのですが週末以外は動物園から乗る人は少ない感じでなかなか出発出来ません。山の上にはお寺以外にも離宮などがありそれらも巡るかい?って強く推してきますが、そこは強い心で断ります。確かに行きたくなった場合はセットで巡ってくれる方がお安いのだけれど、まずはお寺に連れて行かれ、その際に 次の離宮には1時間後に出発するからそれまでに戻ってこいよな みたいな感じで行動に制約が生まれてしまいます。のんびり旅がしたいんじゃー!

40バーツの乗車賃ですが10名集まらず、結局他のお客さんとで合計4名で運行する事になりました。ちょっとお値段上がって50バーツ。まぁ想定の範囲内なので良し。むしろ4人で50バーツならのんびりゆったり乗れて良かったかも。

お寺

乗り合いタクシーを降りて階段を登ります。360段位との事でちょっと急ではありますがいい運動なので階段推奨です。一応ケーブルカーでも20バーツで登れます。

荘厳

なかなか金ピカで荘厳。とは言えそんなに大きいわけでもなく、まあせっかく来たし写真でもとっておくか、と言った程度。地上からは1000m位高いので結構涼しく、涼みに来たと思ってのんびり過ごすだけでも十分価値はあります。景色もなかなか良いですし。

旧市街へ

結局2時間くらいまったりしてから降りることに。帰りは動物園では無く旧市街までお願いしました。1人60バーツ。帰りは10人満席で出発。10人だとほんとぎゅうぎゅうです。まぁ60バーツ程度で降りてこられるのでありがたいんですけど。

ランチ

地元の食事にも飽きてきてたのでアメリカンなお店でサンドウィッチを。一応メキシカンなお店ですが80年代位の古き良き田舎町のカフェみたいな感じでなかなか雰囲気良かった。リタイアしてチェンマイで過ごしているご老人が多いみたいで、のんびりビールのんでるおじいさんと少し歓談したりも。

休憩

宿に戻って晩ごはんまでちょっと休憩・・・の予定でしたが、どうやらぐっすり眠ってしまった。

晩ごはん

昨晩は宿の中にあるレストランでしたが、今日は宿と同じオーナーが営む近くのレストランへ。なかなか地元では人気のお店みたいで結構人が入っています。これは宿より儲かってるね。

カレー

イエローカレーがとても美味しい。スープカレーに近いんですがとても美味しくて食が進みます。

ミントもぐもぐ

すっかりこの旅でハーブ類を生でもしゃもしゃ食べるのに慣れてしまいました。美味しい。

まったり

明日は帰国日なので片付けもしなくちゃなんですが、明日の出発は昼頃に決めているので、あわてずまぁのんびりやります。

OK キャンセル 確認 その他