2018/09/08(土)タイ旅行

おめざめ

0445 することも無いのでまったり。

羽田到着

早朝の羽田到着便、イミグレーションもガラガラだしモノレールもガラガラだし、結構快適かも。

ごきたく

のんびり移動してごきたく。コンビニで朝御飯買ってきて食べて少し昼寝(昼?朝?

旅終了

無事ご帰宅したのでこれにて夏休み旅行終了。

BlackBerryKEY2

国内版がついに発売されたので購入。輸入でも困らないけれどやっぱちゃんと技適付いてる端末がいいものね。あまりに海外版と価格差があったら悩んじゃうけど、そんなでも無かったのでお買い上げ。

まったり

ややぐったりも混ざるものの旅疲れを癒します。

2018/09/07(金)タイ旅行

おめざめ

0800 ご飯食べてまったり。撤収準備せねば。

撤収

小一時間まどろんで撤収。帰りも循環バスで空港へ戻る。荷物が多い外国人は空港に戻る人なのでそこそこいいお金になるお客!と言う事で100m歩く間に7人くらいにタクシー!?と呼び止められる。バスを待つ間も10台くらい。商魂たくましい。

空港で暇

空港に着いたら荷物預けて隣のショッピングモールに行こうと思うも、無料送迎バスが少なく断念。キャッシュが残り少なくてのう。

# PG226 てっきりスワンナプーム国際空港まではドメスティックで移動かと思いきや、チェンマイ国際空港で出国手続きを完了。まぁ結局その後ドメスティックな皆さまと同じ飛行機に乗ります。出航5分前にようやく飛行機への案内が始まる。のんびりしすぎだろ、定刻より少し遅れて出航

席に誰かいる

ラー油の国の方と思われる方がボクのシートナンバーに座ってる。隣に奥さまとお子様が居るっぽいのでまぁ譲ってあげたが、ありがとうの一言もなし。流石だ。

交渉

後方の座席で1列空いてる列があったのでキャビンクルーに移動したいと交渉、離陸後無事奥様と並びの席を確保。

フリーダム

席をお譲りしたラー油の国の方と思われる旦那さん、水平飛行に移るやいなや後方に空いてる席にそそくさと移動してスマホで遊んでる。何の為に譲ったんだか、ほんとフリーダム過ぎる国民性だ。

トランジット

バンコク国内線から国際線へのトランジット、 出国手続きはチェンマイ国際空港で済ませているので再度セキュリティのみ通って国際線ターミナルへ。

今回しくって座席指定し忘れ、4列シートの真ん中2席を確保。出来ればどちらかでも通路に接していればトイレとか行きやすいよねぇ、という事でダメ元でJALのカウンターへ。カウンターどこやねん。

探しに探してGエリアの入り口近く、サクララウンジのほど近くに航空会社各社のカウンターが並んでいるこじんまりした一角を発見。これは気づかないわ~

結局席は変えられず、東京までトイレ我慢だなぁ

東京へ

ほぼ満席の777-200で東京へ。金曜日深夜なのに満席凄いな。タイの方の弾丸ツアーには最適なフライトなのかも知れないが。

機内食

フライト直後に機内食。バンコク時間で23時、日本時間で翌01時とかですけど…

ワインを頼んでかっくらって寝る作戦。

仮眠

うーん、眠れたような眠れてないような。

2018/09/06(木)タイ旅行

おめざめ

0730 ご飯食べておでかけ。

ワット プラ・タート・ドイ・ステープ・ラチャ・ウェラウィハーン

長い……

今日はのんびりチェンマイで1番有名な山の上にあるお寺を散策します。流石に歩いては行けないので乗り合いタクシーで。

チェンマイ動物園

調べによるとチェンマイ動物園前からが1番変なタクシーに捕まらなくていいよ、との事でしたので路線バスに乗ってまずは動物園まで。

確かにその通りなのですが週末以外は動物園から乗る人は少ない感じでなかなか出発出来ません。山の上にはお寺以外にも離宮などがありそれらも巡るかい?って強く推してきますが、そこは強い心で断ります。確かに行きたくなった場合はセットで巡ってくれる方がお安いのだけれど、まずはお寺に連れて行かれ、その際に 次の離宮には1時間後に出発するからそれまでに戻ってこいよな みたいな感じで行動に制約が生まれてしまいます。のんびり旅がしたいんじゃー!

40バーツの乗車賃ですが10名集まらず、結局他のお客さんとで合計4名で運行する事になりました。ちょっとお値段上がって50バーツ。まぁ想定の範囲内なので良し。むしろ4人で50バーツならのんびりゆったり乗れて良かったかも。

お寺

乗り合いタクシーを降りて階段を登ります。360段位との事でちょっと急ではありますがいい運動なので階段推奨です。一応ケーブルカーでも20バーツで登れます。

荘厳

なかなか金ピカで荘厳。とは言えそんなに大きいわけでもなく、まあせっかく来たし写真でもとっておくか、と言った程度。地上からは1000m位高いので結構涼しく、涼みに来たと思ってのんびり過ごすだけでも十分価値はあります。景色もなかなか良いですし。

旧市街へ

結局2時間くらいまったりしてから降りることに。帰りは動物園では無く旧市街までお願いしました。1人60バーツ。帰りは10人満席で出発。10人だとほんとぎゅうぎゅうです。まぁ60バーツ程度で降りてこられるのでありがたいんですけど。

ランチ

地元の食事にも飽きてきてたのでアメリカンなお店でサンドウィッチを。一応メキシカンなお店ですが80年代位の古き良き田舎町のカフェみたいな感じでなかなか雰囲気良かった。リタイアしてチェンマイで過ごしているご老人が多いみたいで、のんびりビールのんでるおじいさんと少し歓談したりも。

休憩

宿に戻って晩ごはんまでちょっと休憩・・・の予定でしたが、どうやらぐっすり眠ってしまった。

晩ごはん

昨晩は宿の中にあるレストランでしたが、今日は宿と同じオーナーが営む近くのレストランへ。なかなか地元では人気のお店みたいで結構人が入っています。これは宿より儲かってるね。

カレー

イエローカレーがとても美味しい。スープカレーに近いんですがとても美味しくて食が進みます。

ミントもぐもぐ

すっかりこの旅でハーブ類を生でもしゃもしゃ食べるのに慣れてしまいました。美味しい。

まったり

明日は帰国日なので片付けもしなくちゃなんですが、明日の出発は昼頃に決めているので、あわてずまぁのんびりやります。

2018/09/05(水)タイ旅行

おめざめ

0800 ご飯食べて作戦会議。旅程はだいたい現地で決める。

助言

宿のガイドパンフコーナーで悩んでいたらオススメの寺院を選定してくれた。今日はそれらの寺院を巡るお散歩隊だ。

お散歩隊

旧市街とその周辺をお散歩。まずはチェンマイの原宿と称されるエリアへ、なるほどバエる感じのお店だらけ。これは女性好きだなぁ。

素敵カフェ

途中疲れたので素敵カフェに潜入。ホテルのカフェの倍額するラテをオーダー。お店の雰囲気もよく、このホスピタリティならお値段も納得といった感じ。今年コーヒーで賞をとったお店らしい。なるほど。

ランチ

カオソーイ専門店って訳では無いのでしょうが人気のお店へ。流石に種類もたくさんあり良かった。味も最高でリピりたいな、と思わせるお店でした。

テーブルがミシン台

気がつくとテーブルはsingerの足踏みミシン台をリユースしたものでした。なかなかどうしておしゃれで良かったですよ。

寺院巡り

基本的には寺院巡り。歴史や生い立ちなどはよくわからないのでフィーリングで楽しんでいきます。

ナイトバザール

有名なナイトバザールへ。基本的にショッピングは好きだが、あまり下調べせずバザールで直感で買って行く事はしないため、こちらも雰囲気を楽しむ感じ。

晩ごはん

ホテルのレストランで伝統料理をいただきます。なかなか馴染みのない食材や食べ方ばかりですが、とても美味しくいただけました。

2018/09/04(火)タイ旅行

おめざめ

0600 シャワってご飯食べてチェックアウト。今日はチェンマイに移動。

チェンマイへ

BTSと空港線を乗り継いで空港へ。今回はドメスティックなのでパパッと搭乗口まで移動。搭乗口で待っていたのはバス。久しぶりだな。

飛行機もAirbusのちいさいの。

まさかの軽食

まったく予想外だったのはドリンクを配りに来たと思ったら軽食だったこと。サンドウィッチとフルーツが配られました。10時の便なんですけどね。距離にして羽田千歳くらい。まぁ千歳線も昔は時間帯によっては軽食出してましたけれども。

チェックイン

空港から路線バスで宿へ。バスの運転手さんと運行図指差しで降りたい停留所の意思疎通。google mapで確認していたが、最寄りの停留所で教えてくれた。親切。

と言ってもローカル1名と旅行者がもう1組しか乗ってなかったんだけど。旅行者とかみんなタクシー乗っちゃうか、ホテルの送迎あるから路線バスとかスカスカだ。

停留所から悪路を歩いて宿へ。やっぱ都市以外はバックパックがいいなぁ

まったり

昼過ぎにチェックイン、疲れがどっとでたのかその後は夕方までまったり。その後コインランドリーへ洗濯へ出かける。

夕食

ローカルフードを食べようとローカルなお店へ。カオソーイを食べよう!チェンマイに来たら欠かせない料理らしい。

OK キャンセル 確認 その他